FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世代循環型社会

休眠状態を解除すべくチョットだけ active にしておくのです。




地方再生(政策案103b) on Scribd






関連情報:
社会資本としての住宅街
住宅標準化の経済
新たな地方社会の創出
世代循環型社会


次回に続く...



関連記事
スポンサーサイト

転ばぬ先の...

シェミタ(シェミータ又はシェミッタ)の年の最後の日「エルル29日」と騒がれた9月13日には、世界の金融市場を驚かせるような出来事が起きなかったようです。

ここまでの展開は、嘗ての「マヤ歴による世界の終わり」という騒動を思い起こさせてくれますね。

でも、現時点では未だ顕在化していないだけであり、実際には大変な出来事が9月中旬に起きていたかもしれないのです。



Global Financial Meltdown Coming? Clear Signs That The Great Derivatives Crisis Has Now Begun
グローバル金融危機が訪れているのか?甚大なデリバティブ危機が今始まった明確な兆候


Derivatives_Crisis_Coming

デリバティブは「大量破壊金融兵器金融」であり、何れかの時点で我々の金融システムへ大混乱をもたらし始める事が不可避であると、嘗てウォーレン・バフェットは称した。 現時点で、ウォール街の事態は幾分落ち着いているように見える一方、水面の直下で大規模なトラブルが泡ぶいているというのが真実なのだ。 以下に見るように、レポ市場へ投入される米国債担保の前例の無い4050億ドルもの急増を必要とした何かが9月中旬に発生したのである。 それはとても複雑なように聞こえる - ということを私は知っているので、貴方の為にそれをもっと簡潔に分解してみよう。 幾つかの非常に大きな金融機関が、彼らの行っていた無謀な賭けにより、膨大な量のトラブルに陥り始めたように見えるのだ。 これは、起きるぞと幾度も幾度も繰り返し私が警告した何かである。 実際、私が沢山それを書いたので、それを聞くことについて私の定常的な読者達は恐らくうんざりしているであろう。 しかし、これが我々の金融システムの崩壊を引き起こそうとしているものなのである。

私がデリバティブ取引をギャンブルに例えた時そこら中の多くの人々は混乱したが、恐らく殆どのデリバティブを保険の一形態と記述するのが、より正確かもしれない。 大手金融機関は、これらの契約のリスクの殆どを他者へ転嫁していると我々に保証しているし、彼らによれば心配する理由が何も無いのだ。

まぁ、個人的に私は彼等の説明を鵜呑みにしないし、多くの人々も同様である。 非常に基本的、根本的な部分で、デリバティブ取引はギャンブルなのだ。 これは、ジェフ・二―ルソンが最近発表した文章の中でとても雄弁に述べた点である…

誰も「デリバティブ」を理解していない。 そのように表現された考え方を読者達は幾度(最も近い値である千に四捨五入させていただきたい)聞かされたことであろう?。 なぜ、誰もデリバティブを理解しないのか?。 多くの人にとって;その答えは、彼らが真剣に考え過ぎているだけだということなのだ。 他の者達にとっては;彼等が全く「考えて」いないというのが答えである。

デリバティブは賭けである。 これは、比喩、または類似、または概説というものではない。 デリバティブは賭けなのだ。 それがデリバティブの全てである。 デリバティブは、それ以外の何物でもないのだ。


これらの大量破壊金融兵器により深刻なトラブルに陥っていると見える大規模な金融機関がグレンコアである。 ある時点で、グレンコアは地球全体で十番目に大きな企業であると考えられていたが、継ぎ目から分断されつつあるように見え、彼等の問題の大きな部分がデリバティブに結びついているようなのだ。 以下はゼロ・ヘッジからである…

特に懸念されるのは、価格の変動に対して彼等の現物取引をヘッジするためのデリバティブのような金融商品をグレンコアが利用していたことである。 2014年末における$190億というポジションから低下して、2015年6月に同社はグロスで$98億のデリバティブを保有しており、その変動に関する投資家達の問い合わせを引き起こしたのだ。

グレンコアから説明を受けた人々によると、今年の市場のボラティリティの変化の為に数字が劇的に低下したのだと同社は投資家達へ語ったのである。 価格が大幅に異なるとき、それはヘッジ・ポジションの価値を高め得るのだ。

昨年、特に6月のバレル当たり約$114から12月末までにバレル当たり$60以下へ下落した原油市場において、極端な価格の動きがあった。

その回答は満足できるものでなかったと、3月末時点で$120億を運用し、グレンコアの債権に投資している EFG アセット・マネジメントの債権ファンド・マネージャであるマイケル・ライトヘッドは述べた。


バンク・オブ・アメリカによると、グローバルな金融システムはグレンコアに対して約1000億ドルのエクスポージャーを有している。 だから、もしもグレンコアが破綻すれば、それは大きなイベントになるのだ。 現時点で、恐らくグレンコアは最も可能性の高い「次のリーマン・ブラザース」の候補なのである。

また、トラブルに陥っているのはグレンコアだけでないのだ。 Tranfigura のような他の巨大金融企業も深い苦悩の中にあるのだ。 総合すると、これらの企業にグローバルな金融システムは概ね5000億ドルのエクスポージャーを有している…

さらに悪いことに、グレンコアだけでなく他のコモディティ取り引きの場にも銀行がエクスポージャーを保有している可能性が非常に高いので、彼等の総エクスポージャーは単純に驚くべき数字にまで暴騰するのだ:

銀行にとって、勿論、グレンコアはコモディティ取り引きの場における彼等の唯一のエクスポージャー先ではないであろう。 Trafigura, Vitol そして Gunvor のような他の企業も同様に銀行のバランスシート上に記載されていると我々は考えている($1000億 x 4?)


昨年暴落した資産クラスである:コモディティに対して非常に高くレバレッジされたエクスポージャーとして、それを5000億ドルと見做そう。

大手の主流メディアは、これについての何れも未だ多くを語っておらず、それは恐らく良いことなのだ。 しかし舞台裏では、前例の無い動きが既に始まっているのである。

これから貴方達と共有しようとしている情報に出会った時、私は全く唖然としたのだ。 それはインベストメント・リサーチ・ダイナミックスから得たものであり、金融の世界において全てが「大丈夫」という訳ではないことを非常にはっきりと示しているのである...

レポ市場への史上最大の米国債担保の注入を強制すべく、大規模なリバース・レポ操作を必要とする何かが9月に銀行システムの中で起きたのだ。 フェデラル・ファンド・レートを管理する為の手段として、通常 FRB は定常的なリバース・レポに従事している。 しかし、以下のグラフで見ることができるように、大規模なリバース・レポの突然の急上昇があったのだが、その明白な一つが2008年の金融システムの事実上の崩壊であったように - それは何らかの危機への対処という傾向があるのだ:

20151007_treasury_collateral.png


この世界で、何がそのような大きさの急上昇を引き起こす可能性があるのか?

そう、私が丁度引用した同じ記事が、トラブルに見舞われたグレンコアをこの前例のない介入に結び付けるのである...

更に興味深いのは、同期間中のS&P500の6%の下落を伴いながら株式市場が8日間の急落を演じた時 - 9月16日 - と同時にリバース・レポの急上昇が起きたということである。 これがグレンコアの株式及び債権の暴落が始まったのと殆ど同時であることに貴方は注意するだろう。 グレンコアによるものか、又はそのようなイベントに対して賭けたデリバティブを用いていた金融機関によるものか、何れかによるグレンコアのクレジット・デリバティブのデフォルトは、2008年の崩壊の引き金を引いた「リーマンの瞬間」と類似するものだとアナリストによって示唆されていたのだ。

株式市場の全般的な急落に対する非難は、金利引き上げに対する FRB の無力さに投じられた。 しかし、それはグローバルな銀行システムの一般的な流動性機能の外部で進展し始めた更に破滅的な何かを覆い隠す巧妙な話以外の何物でもないように見えるのだ。

2008年に遡ると、ある時点でリーマン・ブラザースは「完璧に良好」ではなく、続いて突然に崩壊した。 事前に水面下で問題が醸成されていたのである。

そう、ドイツ銀行のような銀行界の巨人達や、グレンコア、Trafugura 及び The Noble Group のようなコモディティ商社の中で同じ事が現在起きつつあるのだ。

そして勿論、多くの雑魚も内部崩壊し始めているのだ。 私は、今日の朝早く Business Insider 上の掲載記事でこの事例を見つけたのである…

9月11日、より大きな投資グループの一部門である小さなヘッジファンドのスプルース・アルファが、短い報告書を投資家達へ送付した。

Business Insider のパフォーマンス・レポートによると、その報告書には$8000万のファンドの48%が一ヶ月で失われたと記されていたのだ。

その記述には解説が含まれていなかった。 何らの説明も無い。 ただの冷徹な数字のみである。


ワォ - どうやったら一ヶ月間で48%を失えるのだ?。

もしも貴方が実際にお金を失う事を目的として試みたとしても、それは難しいであろう。

悲しいかな、この危機の更なる深みへと我々が入り込むに従い、この種のシナリオは幾度も幾度も繰り返されようとしているのだ。

その一方、何も心配することは無いと我々の「指導者達」は語り続けている。 例えば、正に元 FRB 議長のベン・バーナンキが述べている事を考えてみて欲しい…

今現在、元 FRB 議長のベン・バーナンキには世界の市場に如何なるバブルも見えない

しかし、その言葉を額面通り受け取るべきだと彼は考えていないのだ。

そして、もしも貴方が額面通り受け取ったとしてさえ、それは何れにしても正しい質問ではないのである。

「明らかな如何なる価格形成の誤りも私は認識していない。 例えば、危機の前の住宅バブルのように見えるものは何もない。 でも、私を信じないで下さい。」と、水曜日の朝にウォール・ストリート・ジャーナルのイベントでバーナンキは語った。


確かに私は最後の一文に同意する。 2008年に遡ると、既に不況が始まった後でさえ、不況が起きようとはしていないとバーナンキは我々に語っていた一人なのだ。 その当時に彼は無知であり、今日(こんにち)でも無知なのだ。

我々の「指導者達」の殆どは、何が起きているのかを理解していないか、又は我々に話したくないかの何れかなのである。

だから、可能な限り我々自身で物事を理解するよう努めねばならないということを意味するのだ。 そして現在、もう一つの2008年型危機が始まったことの兆候が我々の周囲にあるのだ。

個人的に、市場が比較的に平穏で重大なニュースが世界中でそれほど起こっていない今日のような日々が多い事を私は願っている。

我々全てにとって残念な事に、これらの比較的に平和で静かな日々は突然の終わりを迎えようとしているのである。




酷暑が過ぎた頃、アウトレット店で購入したアンダー・アーマーのシャツを着て、久しぶりにテニスを楽しんだのです。 上半身の筋力はコンスタントに市民体育館で鍛えていたのですが、下半身の筋力維持を怠っていた為なのか、フォアに返って来たボールを打ち返そうとした際に転倒してしまったのです。

右腕の数か所に擦過傷を負ったことよりも、「ボールに足がついていかなかった」という事実で受けた精神的ダメージの方が堪(こた)えました。

その後、ラグビー日本代表の活躍に触発された事もあり、二十数年ぶりに練習用ラグビー・ジャージを購入したのです。 これで、次回のテニスでは幾度転倒しても大丈夫な筈なのです。



次回に続く...




関連記事

崩壊からのエクソダス

ネット上で Exodus という2時間を超える映画を視聴したのです。

Exodus.jpg


主人公のモーゼを含め、ヘブライ(古代イスラエル)の人々が英語を話す事と、明らかに白系西欧人と見える登場人物達の風貌に違和感を覚えたものの、これは聖書を奉じる西欧人達が信じて止まぬ歴史を元にしたエンターテイメントなので文句を言えないのです。

一方、古代イスラエルから伝承される周期的な変動を懸念する人々は、西欧諸国においても未だ少数派なのです。



The Shemitah: The Biblical Pattern Which Indicates That A Financial Collapse May Be Coming In 2015
シェミタ:2015年に金融崩壊がやってくることを示す聖書内のパターン


EconomicCollapseBlog20150129.png
3500年の古き謎は、2015年中に世界金融市場に起ころうとしているものについての鍵を保持しているのだろうか?。 大きな金融クラッシュのタイミングは、単なる偶然だけではないということが有り得るのだろうか?。 私のウェブ・サイト上の以前の記事の中で、主要な経済及び金融の周期理論の幾つかとそれらの主唱者達を私は論じた。 例えば、「もしも金融サイクルの提唱者達が正しいならば、2015年から2020年は米国にとって全くの地獄となるであろう。(“If Economic Cycle Theorists Are Correct, 2015 To 2020 Will Be Pure Hell For The United States“)」と題された記事の中で、この十年期の後半が経済的悪夢になろうとしていることを示している様に見える多くの経済周期理論を私は検証してみた。 しかし、この稿で私が論じようとしている周期は、それらの何れよりもさらに多くの論争を招くものである。 米国の歴史における殆ど全ての主要な金融クラッシュは、「シェミタ」として知られ我々が聖書の中に探し当てる7年のパターンととても密接に結びついているということを、ジョナサン・カーンは彼の最新の本の中で実証したのだ。その本が刊行されて以来、このことについて私はラジオへ出演している間に繰り返し質問されてきたのである。 そこで、この稿において、シェミタとは何かということについて、そして、この聖書に記述されたパターンが2015年中に起きるかもしれないと示しているように思えることについて、私は説明することを試みてみようとしているのだ。 もしも貴方が無神論者、懐疑論者、または性質として全般的に疑い深いのであるならば、この記事は貴方にとって非常に問題であることを示すかもしれない。 貴方達には、自ら証拠を検証するまで判断を控えるよう願いたい。 これらのことを私が初めて耳にした時、それらが本当に異常な事なので、私は事実を自ら検証しなければならなかったのである。

それでは、正確に「シェミタ」とは何なのか?。

聖書の記述によると、イスラエルの民は7年毎に土地を休耕状態で寝かせるよう命じられていた。 播種も収穫も無く、これは神が非常に真剣に扱ったものなのである。 実際、これらの安息年への違反が認められた事は、紀元前586年にユダヤの人々がバビロンの捕囚となった主要な理由の一つとして聖書の中で引用されたのであった。

しかし、シェミタ年には単に休耕状態で土地を寝かせる以上のことがあったのである。

シェミタ年の最後の日に、イスラエルの人々は債務の解除を実行するよう命じられていたのである。 申命記の15章に以下の記述を見つけることができる…

毎7年間の最後に、汝は債務の放棄に応ずるものなり。 これは放棄の作法である:隣人に何物かを貸し与えた全ての債権者は、それを放棄すべし。 それは主の放棄と呼ばれるものであるから、彼は隣人あるいは兄弟のものを取り立てるべからず。


これは、聖書歴上のロシュ・ハシャナ(ユダヤの正月)の前日 - 毎7年間の最後のエルル29日に起きていたのだ。

では、これは今日(こんにち)の我々に何をもたらすのか?。

そう、もしも2001年のシェミタ年の最後の日に遡れば、絶対的に恐ろしい株式市場の暴落があったことに貴方は気づくであろう。

(ユダヤ歴のエルル29日であった)2001年9月17日、その時までにおける米国史最大の1日の株式市場の暴落を我々は目撃したのである。 ダウは驚異的な684ポイントも下落し、それは次のシェミタ年の最後までの正確な7年間にわたり記録であったのだ。

2008年の次のシェミタ年の終わりに、もう一つの恐ろしい株式市場の暴落が起きた。 2008年9月29日、ダウは777ポイント急落し、それは今日(こんにち)まで史上最大の1日の株式市場の暴落として残っている。 その2008年9月29日は、正に聖書が債務の解除を呼びかける日 - ユダヤ歴のエルル29日に対応するということが判明している。

そう、過去2度のシェミタ年の最後の日に、株式市場は酷く暴落して新たな史上記録を作ったのだ。

そして今、我々は新たなシェミタ年の中にいる。 それは昨年の秋に始まり、次の9月に終わることとなる。 我々がもう一つの歴史的な史上の暴落を目にする可能性があるのだろうか?。

我々は決して神を意のままにしようとすべきでないことを著者のジョナサン・カーンは正確に指摘した。 何故ならば、何かが過去に起きたということはそれが再び起きることを意味するものではないからである。 しかし、我々は如何なるものも除外すべきではないのだ。

おそらく、神は意図を知らしめんが為に彼の暦を用いているのだろう。 もし何かが起きるのを我々が目にしようとしているならば、それは恐らくシェミタ年が終わろうとする時に起きるだろうとカーンは信じている...

カーンの研究によると、最悪の中の最悪は、シェミタ年の最初ではなく、通常最後に起きると彼は指摘した。 実際、2015年9月13日に生じる同年最後の日、ヘブライ歴上のエルル29、が最も恐ろしい日なのである。

シェミタのインパクトの始まりは軽微であることが少なくないものの、劇的なクライマックスへ繋がるというのが、「シェミタの謎(The Mystery of the Shemitah)」の中で明らかにされたパターンなのだ。

「始まりは、方向の変化、シェミタの終わりの最高潮にやってくるものについての予兆をさえ示すかもしれない。」と彼は語った。


そして今回は、遥かに多くの人々が注目しているのだ。 2001年及び2008年に遡ると、「シェミタ」とは何かということについて殆どのアメリカ人達は全く知らなかったのである。 しかし現在、それはインターネット上で最も目立つオルタネイティブ・メディアの幾つかで語られているのだ。 例えば、以下は WND のジョセフ・ファラーがシェミタ年について語ろうとしていることである...

もし何かがあるとしても、何がアメリカで起きるのかということについてファラーは分からないと即座に認めるが、弱気派達が注視する2015年9月13日という日付を彼は信じている。

「明らかなパターンが確立されたのだ」と彼は言う。 「2001年と2008年のエルル29にアメリカで起きた事が偶然であると私は思わない。 特に、もしもアメリカが神と彼の御言葉から遠ざかり続けるならば - 大いなる審判が下されようとしている可能性を無視することは愚かであろう。」


現在我々が過ごしつつあるシェミタ年は2015年9月13日に終わり、それは市場が休みになる日曜なのだ。

しかし、それがシェミタだということになると、我々は単なる一つの日として見ている訳にいかない。

そして、2015年9月13日に日食も起きることに注意するのは興味深いものである。 過去1世紀にわたり、日食がシェミタ年の終わりに対応したのは僅か2度だけであった。 それら2度の時とは1931年及び1987年であり、ジョナサン・カーンがWNDへ語ったように、それらの日食は大きな金融災害を予示したのだった…

1931年、シェミタ年の終わりである - 9月12日に日食が起きた。 8日後、英国は金本位制を放棄し、世界中で市場の崩壊と銀行の破綻を引き起こしたのである。 それはまた、ウォール街の歴史において最大となる比率の1ヶ月間の株式市場の崩壊となった。

1987年、再びシェミタ年の終わりとなる - 9月23日に日食が起きた。 30日も経たぬ後に、ウォール街の歴史において最大となる比率の株式市場の崩壊「ブラック・マンデー」が訪れたのである。

カーンは2015年9月13日に暗黒の運命(doom and gloom)を予測しているのだろうか?。 「過去には、これがウォール街の歴史において最悪の崩壊を先導した。 今回、それは何をもたらすのであろうか?。 以前と同様に再び、その現象が次の収束点を明示する必要はない。 しかし、同時に、そして再び、注意するのが賢明である。」と述べながら、彼は予測することを注意深く避けたのだ。


では、今回は何が起きようとしているのであろうか?。

我々は、目にするのを待つのみである。

しかし、疑いの余地もなく、2008年の金融クラッシュの直前に我々が目撃したのと同じパターンの多くが我々の眼前で再び起きているのだ

歴史から学ばぬ者達は、それを繰り返す運命にあると云われてきている。

恐らく貴方は「シェミタ」に何かがあると信じるか、あるいは、そんな事は全くのナンセンスだと考えるだろう。

しかし少なくとも、貴方は今や誰もが話していることについて知っているのだ。 この情報を得てどのような行動を選択するかは貴方次第である。




昨年後半は、ストラウス/ホウが1998年に著した ”The Fourth Turning(第4の転換)”という周期的変動理論が話題となりましたが、昨年末頃より急に上記の "Shemitah" が注目を集め始めているように感じるのです。

Exodus を視聴した後の息抜きに聴いた PodCast の番組に件の Jonathan Cahn が登場していたのです。 Cahn は、"Shemita" を「シェミッタ」又は「シェミッサ」と発音していたのですが、何しろ "You know..., you know....and you know...." という口調で忙(せわ)しなく語る人なので、その主張を完全に信用することには躊躇するのです。

同じく周期(サイクル)理論について市場関係者から一目おかれている Charles Nenner も、今年から全世界的に経済が減速し、2020年までにNYダウが5000へ下落すると主張しているのですよ。 同様に、「毎世紀の2度目の10年期に大きな戦争が起きており、2015年から2020年の間に大きな戦争が起きそうだゾ。」と述べているのです。



次回に続く...




関連記事
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

precursor

Author:precursor
憂いあれど備えなし!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。