FC2ブログ

暫時の高揚

イタリアの政局不安もなんのその、相変わらずの Euphoria(高揚感)は同国の国債への需要も支えているのです。

ロイター より
ユーロ上昇、底堅いイタリア国債入札が追い風=NY市場
[ニューヨーク 27日 ロイター] 27日終盤のニューヨーク外為市場では、ユーロが上昇。総選挙後初となったイタリア国債入札が堅調な需要を集めたことが追い風となった。

だがイタリアの政局混乱はユーロの上値を抑える公算が大きいとみられている。

イタリア10年債入札は、利回りが0.5%ポイント超上昇したものの、応札倍率は1.654倍と高く、おう盛な需要を示唆した。


このように浮かれた状況は何時まで持続できるのでしょうか?。



By Midyear, Europe 'Can No Longer Live With This Euro'
今年中盤までに、欧州は「もはやユーロと共に生きる事ができない」状態となる。


「私は現金の上に座っているのです」と、彼のマネーを何処へ投じているのかとインタビューの中で問われた時にフェリックス・ズロートは語った。 何十年もの資産管理の経験を経、彼はズロート・アセット・マネジメントを1990年にスイスで創業したのである。 しかし今、彼は心配し、全ての事に対してネガティブになったのだ。

欧州において成長は弱いものとなるであろう。 米国では「誰も」が適性な成長を期待していたのだが、彼は「大いなる失望」の可能性を見たのである。 発展途上国は近年の様な速さで成長する事がないであろう。 中国人達は彼等のマネーを同国から持ち出していた。 「彼等は自国における問題についてのアンテナを持っているのです」と彼は語った。 市場は世界経済が回復する事を期待していたが、経済であれ企業収益であれ期待されたとおりに発展するという事について彼は疑った。 一旦「願望」と「現実」の間の距離が明らかになるや、「それは暴落を引き起こす可能性がある」のだ。

時間軸?。 今年だ。 楽観主義は暫く継続するかもしれない:第2四半期はより多くの問題を抱える事になるであろう。 時間が経つにつれ、一部の市場における下降気流は20%から30%に達する可能性がある。 最悪期は過ぎたという欧州の政治家達による絶え間ない主張にも拘わらず、彼は「如何なる平常化」も目にしていないのだ。 依然として構造的な問題は存在するのだが、それらは隠されており、「新たな流動性の大海の中で一時的に溺れている」のである。

「経済データを見て下さい」と彼は言った。 「何も目に見える改善はありません」 彼の主張を証明するかの様に、ユーロ圏購買担当者指数(PMI)が発表された。 「最悪期は過ぎた」という希望の塊りを引き起こした上昇機運の3ヶ月の後に、その指数は再び低下したのである。 今や事業活動は1年半に亘って低下している。 将来的な活動の先行指標である新規受注は、19ヶ月連続で下落している。 かろうじてドイツがプラス圏内となっている一方、フランスの PMI は2009年3月以降に見る事のなかった低さへと激減し、金融危機の谷底へと向かっていた - 2008年のそれと同じ様な軌跡だったのである!。

確かに金融市場は落ち着いたが、それは、ユーロを生き残らせるべく破綻した国家へ資金を提供すると宣言する事で ECB が「緊急ブレーキ」を引いた事だけが理由なのである。 それは銀行にとって国債購入のシグナルであった。 ECB が全てのリスクを負う一方、1%で ECB から借りて5%を超える利回りのスペイン又はイタリアの国債を購入する事は、「銀行にとって素晴らしいビジネスである」と彼は語った。 その結果として、銀行には再び国債が積み込まれたのである。 「問題は解決されておらず、先送りされたのです」と彼は語った。

政治家達は何とか誤魔化しながら切り抜けるであろう。 政府の債務は上昇し続ける。 しかし次に何かが弾ける時、プレッシャーは市民からやってくると彼は語った。 生活水準は悪化してきた。 多くの人々が職を失った。 実質賃金は低下した。 「我々は数百万人を貧困に追いやったのです!。」 人々は不満を抱いている。 そして、「いつの日か、彼等が通りに繰り出して、これらの政策を攻撃する可能性」というのは予想された事なのである。

しかし、しかし、しかし...欧州の平和の為にユーロが重要になるとアンゲラ・メルケルは強調しなかっただろうか?。 「ユーロは平和を生み出しません」と彼は語った。 「しかし不満を生み出しているのです。」

優位性を得る為に各国は自国の通貨を切り下げていた。 この「底へ向かう競争」は、政府が自由貿易に制限を課すところまでエスカレートするかもしれない。 円の下落は他の国々に打撃を与えるであろう。 ドイツにおいて、それは自動車メーカー、工作機械メーカー、その他にプレッシャーを与えるのである。 今年中盤までに、「もはやユーロと共に生きる事ができないという点に欧州は達するであろう」と彼は語った。

それ(ユーロ)は切り下げられねばならない。 既にフランス大統領のフランソワ・オランドはそれを煽動していたのだ。 「そして、フランス経済が壊滅的状況にある為、彼はそうせざるを得ないのです。 もはやフランスは競争力を有していません。 フランスは第2のスペインになりつつあるのです。」

しかし、為替レートは金融政策に無関係であったと ECB は強調しなかったであろうか?。 そして、ドイツ連邦銀行は切り下げに抵抗していなかったであろうか?。

「ドイツ連邦銀行の方針は、残念ながら死んでいるのです」と彼は語り、その代表者達は「噛む事では無く、吠える事が許された」だけであったのだ。 ECB における金融政策は、「イタリア人」のドラギによって作られたのである。 彼は「ユーロのリラ化」を推し進めたのだと彼は語り、「彼がそれを好んでいるからでは無く、他に選択肢が無いからなのです。」 それは、ユーロを一緒にくっつけておく為の唯一の方法だったのである。 「メルケル夫人もそれを知っていましたが、彼女は真実を語る事ができませんでした;さもなくば、市民は何が起きているのかという事に気付くでしょう。」

この侘(わび)しいシナリオを想定し、投資家達は何をできるであろうか?。 長期的に、株式は良い選択であったと彼は語ったが、これは買いの時では無かった。

ゴールド?。 1年半前のピークから下がったのは「正常」であったと彼は語った。 現在、清算を余儀無くされていたゴールドのファンドは突然の下落を引き起こす可能性もあるが、それは「ムーブメントの終了」を示すものでもある。 この春までに調整が終了する事を彼は予想した。 「長期的な上昇傾向は損なわれていません」と彼は語った。

債券?。 それは30年間に及ぶ好調を維持していたが、一つには、過去5年間に亘って「新たに印刷されたマネー」で$10兆分を購入した中央銀行の為に、今や「完全に過大評価」されているのだ。 債券市場は完全に歪められていたが、中央銀行は「もう暫くの間」バブルを支える事ができるであろう。 そして彼は、「昨年の夏、私は全ての長期債を売却した」という事を認めたのである。

しかし、一体彼はマネーをどこに投じたのだ?。 それは、「私は現金の上に座っているのです」と彼が気になる一言を発した時だった。

FRB は、彼等がマネーをばら撒く事ができるよりも、或いは経済がそれ(マネー)を用いる事ができるよりも遥かに速く、預金を増やしている。 彼等は、誰が望むよりも、又は必要とするよりも遥かに速く預金を増やしているのだ。 そして今や、ブルームバーグが報じた様に「使われていない潜在的な燃料としての数千億ドル」が存在するのである。 大きな問題となる可能性なのである。 これを読んで欲しい...FRB は危険な銀行預金バブルを膨らませている。



数日前の記事だったのですが、イタリア国債に対する需要が底堅かったということで、ニュー・ノーマル(新しい正常状態=異常な状態)とも称される現在の状況を冷ややかに確認してみたのです。


次回に続く...



関連記事
スポンサーサイト



二頭物語

ある程度予想された事であるにも拘わらず、イタリアにおける選挙の結果を受けて金融市場が多少混乱したようですね。 「欧州債務危機の再燃か?」という具合に解説するメディアもあるようですが、欧州の危機が本格的に再燃するまでには今暫くの時間を要するのではないかと思うのです。

最近は月に一度程度の頻度で Financial Survival Network に出演するようになった Arch Crawford によると、「5月20日に生じる天王星/冥王星の直交(スクウェア)が危険であり、その前後に大きな混乱が起きるかもしれない。」という事なのです。

という訳で、直近で多少の波風が立とうとも、今暫くは(政治的/経済的/自然環境的に)大きな混乱が起きるとも思えないので、現在の世界情勢を改めて俯瞰してみるのです。



Tale_of_two_00.jpg
Tale_of_two_01.jpg
Tale_of_two_02.jpg
Tale_of_two_03.jpg
Tale_of_two_04.jpg
Tale_of_two_05.jpg
Tale_of_two_06.jpg
Tale_of_two_07.jpg
Tale_of_two_08.jpg
Tale_of_two_09.jpg
Tale_of_two_10.jpg
Tale_of_two_11.jpg
Tale_of_two_12.jpg
Tale_of_two_13.jpg
Tale_of_two_14.jpg
Tale_of_two_15.jpg
Tale_of_two_16.jpg
Tale_of_two_17.jpg
IE等の解像度の低いブラウザで JPEG 画像中の文字を判読できない場合、各画像をクリックして拡大表示してみて下さい。



「ここに、貴方が2頭の牛を持っているとしよう。」というのは、政治やビジネスの問題を議論する際に英語圏の人々が用いる話法なのです。 「この施策により、その内の1頭はXXXとなり、残る1頭はXXXとなるのさ。」という具合に話を続けるのです。

さてさて、イタリアにおける政治の混乱は、どのような物語へと続くのでしょうか。


次回に続く...



関連記事

私的風景(晩冬)

いよいよ今春より本宅での生活を再開する事としたのです。 少しづつ荷物を移動すべく別宅との間を頻繁に往復している為、最近は本稿での個人的考察も滞りかちになっているのです。

本日は別宅で使用していた人工芝を搬送したのですが、搬送前に、芝目に絡みついた雑草/苔類を除去する作業を行った為、広背筋に甚だ疲労を感じているのです。



本宅の居間
(本宅の居間...お気に入りのソファが待っている)


という訳で、何かしらを期待しながら本ブログにアクセスして下さる方々へ時宜を得た情報を提供できずに申し訳無く思うのです。

期間を限定するつもりですが、以前に公開していた「緋色のペスト」という小説を暫定的に再掲していきますので、当面の間は本稿の更新頻度が低下するであろう事を容赦願うのです。



関連情報:
私的風景(初秋)
私的風景(初夏)


次回に続く...



関連記事

ユーロ高の遠因

株式他の金融市場の高揚感も一服した様ですが、依然として実体経済と大きく乖離した状態が保持されたまま無風状態(doldrums)となってしまった感があります。 このような時には、怪しげな alternative site よりも、堅実な方々の見解に目を向けてみるのです。



The Collateral Damage of Europe’s Rescue
欧州の救済による担保の毀損


ミュンヘン - 現在ユーロ圏は、危機の、- そして、それを終わらせようという欧州中央銀行及び国際社会による努力の6年目にいる。 英国首相のデヴィッド・キャメロンが投げかけた様に、「原型を留めないほど」ユーロ圏を変え、欧州の基本的な経済的及び政治的ルールに抵触するかもしれない、徐々に進行する介入主義に政策立案者達が魅せられるようになっているのだ。

Europe_Collateral_Damage.jpg
フランス大統領のフランソワ・オランドが声高に述べた新たな要求は、ECB が為替レートを操作すべきであるというものだ。 オランドは、2012年7月末時点の$1.21から今年2月初旬の$1.36へ上昇したユーロの急激な増価に警戒している。 為替レートが強くなる事は、弱っている南欧及びフランスの経済へ更なるプレッシャーを与え、既に低い彼等の競争力を(更に)損なうものである。

ユーロにより幕を開けた安価な与信は、金融危機に襲われた時に弾けたインフレ的な経済バブルを南欧に作り出した。 与信条件は急激に悪化し、残されたのは、外国からの資金調達へ過剰に依存する事となった全く過大に評価された経済の残骸だったのである。

それに続いてフランスは、南欧における自身の顧客達が問題を抱えている為に苦しんでいるのだ。 ゴールドマン・サックスの調査によると、外的な債務の持続性を復元するべくフランスはユーロ圏の平均に対して20%程度、ドイツに対しては35%減価しなければならないのである。

ECB 及び国際社会 - 特に国際通貨基金 - は、民間資本の不足を公的与信で置き換える事により対処しようと試みた。 ユーロ・システムのターゲットのバランスで測定される様に、ECB は南欧及びアイルランド向けに、彼等の与信借り換え及び - €9000億もの - マネー創出を転換したのである。 しかし、その転換を実現する唯一の方法は与信借り換えの為の担保要件を引き下げる事であった為、そうする事により、彼等は自らを危険に晒す事となったのである。 大部分において、この担保は政府債券で構成されていたのだ。

これらの債券が下向きにずり落ちるのを防ぐ為 - そして自らを救う為 -、ECB はこれらの国債を購入し、必要とあれば彼等は無制限に(国債購入を)行うと発表したのである。 同時に、国家及び銀行を保護すべく欧州安定化メカニズムが設けられたのだ。

これらの保証は、どうにか市場を落ち着かせ、ユーロ圏の中核国から周縁国への資本のフローを再開さたのである。 しかし、他の国々からの資本も同様に流れ込んだのだ。 ユーロを保有してユーロ建て債券を購入する事は世界中で再び魅力的なものとなり、為替レートを押し上げて新たな困難を引き起こしているのである。

ここで、日本銀行による円の為替レートの操作は僅かな役割を果たしただけであり、その政策に対するドイツ連邦銀行総裁イェンス・ヴァイトマンの強い非難に与するものでは無いと言うべきである。 日本による介入は、ドルや他の多くの通貨に対するユーロの再評価を説明し得るものではないのだ。

ECB は外国通貨の購入を通じてユーロ高の進行を抑制する事が可能である。 しかし、最終的に、彼等は(周縁国の債券に対する)保証が約束される以前の水準へユーロを戻すとの確信が得られるまで自らの通貨を膨張させる事により、それ(ユーロ高の抑制)を行わざるを得ないであろう。

それこそ、何故 ECB 総裁のマリオ・ドラギがオランドの提案をほぼ即座に拒否したのかという理由である。 ブレトンウッズ体制が崩壊した後、為替交換レートを安定化させる為の、効果の無い高くついた介入において、1970年代及び1980年代の期間に累計で巨額のマネーが失われた事をドラギは良く知っており、物価の安定を維持するという ECB の目標を彼は危険に晒したく無いのである。

ユーロ高は、単に欧州の救済方針が引き起こした巨大な担保の毀損を顕わにしているのだ。 これまで取られた施策は、欧州の危機に陥った周辺国から欧州中核国の依然として健全な経済への感染経路を開いてしまい、問題を抱えた国々自体の長期的な回復を妨げる一方、後者(中核国)の納税者及び年金受給者達を危険に晒しているのだ。

間違い無く、欧州の救済方針は政府の財政を安定化させ、過剰債務に陥った国々にとってより低い金利を提供し、それに加えて、全てのユーロ圏諸国にとっての競争力を低下させ、彼等を南欧やフランスのような苦境へ陥いらせる事となり、何れにしても、(それらの国々や)ユーロ自体にとって高くつくものなのである。

ECB の救済措置は、ユーロ高が今や課題を作り上げている一方で、問題を抱える国々の経済が新たな民間資本を惹きつけて競争力を取り戻す為に必要な - 資産、労働、そして物品の価格を引き下げる - 内部的減価を妨げてきたのである。 要するに、欧州の救済方針は - 問題を抱える国々の根深い競争力の喪失という - ユーロ圏の最も深刻な問題を、更に解決が困難なものとしてしまったのである。



うーん、仰る事は理解できる(ような気がする)のですが、ミュンヘン大学で経済学を教える教授としては感情を移入させ過ぎた文章であり、一般読者の方々が容易に理解できるように問題の構造を判り易く解説するという配慮に欠けているように感じるのです。

著者は Ifo 経済研究所のトップであり、ショイブレの経済顧問も務めている方なのですが、やはり欧州(ECB)の金融政策に苛立っているということなのでしょうか?。


次回に続く...



関連記事

欧州の馬鹿等

先日発表された欧州各国における2012年第4四半期の GDP 成長率は、若年層における失業率が遂に60%に達したギリシャだけでなく、ドイツやオランダ等の中核国においても厳しさを増している経済状況を示していました。 

ロイター より
第4四半期のユーロ圏GDPは0.6%減、予想以上の落ち込み
[ブリュッセル/ベルリン 14日 ロイター] 欧州10+ 件連合(EU)統計局が14日発表した第4・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)速報値は、前期比0.6%減となり、第3・四半期の0.1%減からマイナス幅が拡大した。

2009年第1・四半期以来の大幅な落ち込みで、市場予想の0.4%減を上回る減少となった。

域内中核国の独仏がマイナス成長となり、全体を押し下げた。




It’s Time For Name That Insolvent Banking System!
破綻している銀行システムの名前当てゲームの時間だ!


ちょっとしたゲームをやろう。

そのゲームは「破綻している銀行システムの名前当て」と呼ばれるのだ。

ゲームのやり方は、下のチャートの中に示される対 GDP 銀行資産比率を有する国々を推測するというものである。 そこには僅か7つの国々があるだけであり、それらは全て西洋の先進経済国だと言っておこう。

このゲームに貴方が勝ったら、どの国の銀行システムが如何なる信憑性も超えてレバレッジをかけているのかという知識を獲得する事になる。 そして貴方は、貴方の資産をこれらの銀行システムの災害から退避させながら、適切に投資する事が可能となるのだ。 又、グローバル金融システムにおいては全てが上手くいっているという事について、様々な政治的指導者達や中央銀行が吐き出している偽りの話を貴方は無視する事ができるのである。

準備はいいかな?、始めよう!。

Bank_to_GDP_Question.jpg

ご覧のとおり、ここに挙げられた7ヶ国は、90%から信じられぬ程の400%までの対 GDP 比の銀行資産を有している。 7ヵ国の内5ヶ国は250%を超える対 GDP 比の銀行資産を有しており、それは正に、この恐ろしい測定値が尋常でない暗喩を与えているのだ。

難しいだろうか?。

OK、ヒントとして、これらの内の一つは米国である。 我々(米国)は、世界の中で債務の悪夢として引用される事が少なくなく、それと比較すれば全ての他の国々を良く見せてしまうのだ。 では、どれが米国だろうか?。

貴方は6番目と推測するだろうか?。

間違いである!。

OK、別のヒントとして、他の6ヶ国は全て『欧州』の中にある。

降参だろうか?、では答えだ:

Bank_to_GDP_Answer.jpg

ご覧のとおり、欧州の大国に比べれば、米国の銀行システムは実際に劇的な程 GDP に対する比率が小さいのである。 過剰にレバレッジをかけ、有毒な債務で満たされているとして、私や他の人々が我々の金融システムに対して悲嘆したものの、堅実であると伝えられるドイツの銀行システムを含む欧州に比べれば、米国は『全く問題で無い』のだ。

そして又、本質的に欧州連合を裏支えする国家の一つと考えられているフランスが、実際には銀行システムが全く制御不能となった時に最悪な攻撃者の一つとなる事は注目に値する。 欧州連合の危機は「終わった」とフランスの政治家達が語るのを耳にする時、この事を思い出して欲しい。

そう...欧州における素晴らしい事について誰かがTVで話しているのを貴方が次回に耳にする時、上のチャートを思い出して自分自身に問いかけて欲しい...ある国の銀行システムが自国の経済より200%以上も大きい状況で、どうしたらその国が素晴らしい状態であるのか?。 正に、それは全てこれらの「資産」なのである。

そして、数兆ユーロの疑問である:それらの内のどの程度が実際にゴミなのか?。

だから、もしも貴方が未だシステミックな破綻に対する備えを講じていないのであれば、貴方は『今』それを行う『必要がある』のだ。 我々は文字通り、潜在的に金融システムを引き倒す事になる欧州の銀行の破裂まで長くて数ヶ月、そして非常に高い可能性で数週間しか猶予を持っていないのである。 私が冗談を述べていると考えるだろうか?。 これが起きるのを防ぐべく、現在 FRB は『数千億』ドルを欧州の銀行へ注ぎ込んでいるのである。



いつもの様に、「金融システムは危ういので、貴方の資産を失いたくなければ私達のサービスを利用しなさい」というのが Graham Summers の主張なのです。(従って、元記事の末尾に記されている宣伝文句の部分を本稿では省略してあるのです。)

しかし、強(あなが)ち彼の主張の全てがハッタリでは無いと思わせる様な主張も少なくないのです。

Charles Hugh Smith の of two minds より:
Europe Is Not "Fixed": Two Charts
欧州は「治って」いない:二つのチャート

Zero Hedge より
How The Fed Is Handing Over Billions In "Profits" To Foreign Banks Each Year
如何にして毎年 FRB は外国の銀行へ数十億(ドル)の「利益」を手渡しているか


次回に続く...



関連記事
最新記事
カテゴリ
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

precursor

Author:precursor
憂いあれど備えなし!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク