FC2ブログ

私的風景(年頭夢想)

約10年ぶりに本宅で新年を迎えたのです。

現在広く利用されている西洋暦(グレゴリオ暦)は、国策としてキリスト教を利用した古代ローマの為政者達が定めたものであり、時の権力者の気まぐれによって各月の日数が不規則に配置されたものなので、人類が生存する太陽系の天体運行規則とも関連性が非常に薄いのです。

太陽と地球の相互的な運動律を表す指標としては、約2万6千年という地球の歳差運動をも考慮してマヤやエジプト等の古代文明で用いられていた暦の方が宇宙の真理を正確に表していると思うのです。 もとより、私自身は特定の宗教に対する信仰心等を持っていないのですが、宇宙を支配する(物理学的/数学的)真理への畏敬として万物に心霊が宿るものとするアニミズムは許容してあげるのです。

多少コジツケとなる感はあるものの、人為的に作成された教義で装飾される一神教とは対照的に八百万(やおよろず)の神々を祀(まつ)る神社へ元旦に詣でた後、本日は自宅の裏手にある山へ登って俗世を睥睨してみたのですよ。(エヘンッ)




20140102Trecking.jpg
初売りで賑わう市中の喧騒とは無縁に、人気(ひとけ)の少ない山路。 日帰りの登山者が増え始める正午頃までが憩いの時間なのです。

20140102Fujiyama.jpg
山頂の休憩所に着くと、彼方で富士山が迎えてくれるのです。 水筒に入れたコーヒーを飲み、お菓子を口にしながら暫(しば)しの休憩。

20140102Timberland.jpg
案の定、正午近くになると日帰り登山客が増えてくるので、私は帰路を急ぐのです。 すれ違う人々は最新のオシャレな登山ウェアやシューズを身に着け、小ぶりなザックを背負っているのですが、私は WAL-MART でもらったトート(エコ)バッグで十分なのです。 足許は、20年来履いている Timberland のトレッキング・シューズが支えてくれるのです。



先年他界した元上司の夫人から年賀状が届きました。 寡婦となった寂しさが綴(つづ)られていたのですが、安易な慰めの言葉を認(したた)める事も憚(はばか)られたので、古(いにしえ)の歌を添えて賀状を送ったのです。

  「昨日といひ 今日と暮らして あすか川 流れてはやき 月日なりけり」


関連情報:
私的風景(初冬)
私的風景(彼岸の庭)
私的風景(彼岸の窓)
私的風景(晩冬)
私的風景(初秋)
私的風景(初夏)


次回に続く...



関連記事
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

precursor

Author:precursor
憂いあれど備えなし!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク