FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアだって厳しい

ロシアの介入によって米国のシリア攻撃の可能性が後退した途端、再び株式他の市場は上昇基調を見せているようです。

市場関係者の耳目がシリア情勢に集まっていた一方、昨年夏のドラギ・マジック以降に平静を保っていた欧州の情勢も怪しくなってきていると思うのです。 現時点では、あまり多くの耳目を集めていないようですけど。



Bad debts at Italian banks rise further in July: BOI
7月にイタリアの銀行の不良債権は更に上昇した:イタリア中銀


Reuters_20130909.jpg
A man stands in front of the Bank of Italy in Rome June 26, 2013.

(ロイター)- 長引く経済不況が銀行の融資ポートフォリオへ影響している事を強調しつつ、7月にイタリアの銀行の不良債権は前年から22.2パーセント上昇したと、月曜日にバンク・オブ・イタリーが示した。

問題のある融資の増加率は6月に21.9パーセントであったと、バンク・オブ・イタリーは語った。

イタリアの貸し手達は与信リスクをチェックしようと努めているので、彼等は融資を抑制し続けたのである。 前月と同様に、非金融系企業への融資は7月に4.1パーセント低下した。

一般家庭への貸し出しは、6月に2012年の同月から1.0パーセント低下した後、1.1パーセント縮小した。 住宅ローン金利は前月の3.90パーセントから3.96パーセントへ僅かに増えた。

百万ユーロまでの融資の平均金利が4.30パーセントから4.41パーセントへ上昇し、企業への融資も更に高価となった

より大きな融資の平均コストは、2.77パーセントから2.96パーセントへ上昇した。



Italy Riskier Than Spain For First Time In 18 Months
18ヶ月ぶりにイタリアはスペインよりも高リスクになった


スペインが希望に溢れている一方、以前に我々が述べた様に、イタリア - 同国の PMI が「改善している」事は素晴らしいが - は、過去10四半期の内の9度目となる GDP 成長予想の未達となったのだ。 チクチクと痛むようなベルルスコーニの足掻きと、「世界最古の銀行」が国有化されようとしている中で、18ヶ月ぶりにイタリア国債は欧州の隣国よりも利回りを押し上げたのだ。 前回、この膨大な債務を負う国のリスクがスペインのそれを上回ったのは、2011年第4四半期に欧州危機のピークへと上り詰める中だったのさ。 しかし、勿論、今や我々には、我々全員を救ってくれる OMT があるんだぜ...

ZeroHedge_20130909.jpg



欧州では経済/金融の問題の構造が全く改善されておらず、政治的に不安定な状況も継続しているのですよ。 余り耳目を集めていないようですけど。


次回に続く...



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

precursor

Author:precursor
憂いあれど備えなし!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。