FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺激の効力の消失

順調に生育していた裏庭の芝が台風によって痛めつけられていたので、早朝からメインテナンス作業に励んだのです。 ところが、右足を乗せた芝の際のレンガが急に傾いてしまい、何とか体制を整えようと踏ん張った左足も水分を含んだ地面で滑ってしまい、上体が仰向く程のヒネリを加えつつ転倒してしまったのです。

咄嗟に右手を地面に突いて衝撃を緩和しようとしたのですが、運悪く庭石の上に右臀部から落下してしまったのですよ。

という訳で、痛む尻を擦(さす)りつつ、同じ様に高転びするかもしれない国の経済について確認しておくのです。



China's soaring fiscal deficit rings alarm bells
中国の急上昇している財政赤字が警鐘を鳴らしている。


アナリスト達は、世界第2位の経済大国のリバウンドを「不健全」であり、北京が引き締め政策を余儀無くされる事で今後数ヶ月間に衰えそうであると述べている。

Telegraph_20131015_01.jpg
Analysts have long assumed that China’s authorities retain plenty of fiscal firepower if needed to keep the expansion going as they clamp down on dangerous levels of credit, but Beijing may already have exhausted any further scope for budget stimulus.

あらゆる階層の中国の政府による借り入れは前例の無い水準へ急増して今や世界で最も高いものの一つとなり、成長の軌道を維持する為の北京の新たな指導部による努力を非常に複雑なものにしている。

地方の支出を含め、一回限りの土地売却を取り除いた場合、中国の予算上の赤字は昨年に GDP の9.7%へ達した事を、国際通貨基金のデータが示している。 これは以前に考えられていたものよりも高く、米国、インド、又は南欧の債務に苦しむ国々よりも高い水準なのだ。

Telegraph_20131015_02.jpg

最近のリバウンドが「不健全」であり、北京が引き締め政策を余儀無くされる事で今後数ヶ月間に衰えそうであると述べながら、この規模の「巨大な刺激策」が2010年以降の中国の成長率の急激な減速を止めなかった事は憂慮すべき事であると、野村の張智威(ヅィウェイ・ツァン:Zhiwei Zhang)は語った。 「経済の回復は持続不可能です」と彼は語った。

中国の当局が危険な水準の与信を取り締まる中、もしも拡大の継続が必要とあれば、彼等は十分な財政的消化能力を保持しているとアナリスト達は長く仮定してきたが、北京は既に刺激策の予算の為の如何なる追加的なスコープも使い果たしてしまったかもしれない。 $9兆から$23兆へ、又は GDP の200%へ急上昇した債務と共に過去5年間の融資の伸びのペースは、中国を未知の水域へと連れて行った。 債務の経済的な「効率」は崩壊した。 今や GDP の成長に対する1元毎の利回りは僅か0.18元でしかない。

ここ数ヶ月間の成長のスパートは、殆ど「国家主導の重工業」によって駆動されたものであり、新指導部が依然として彼等の旧態然とした成長モデルにしがみ付いている印であると、キャピタル・エコノミクスのマーク・ウィリアムズは語った。 「継続する政策的な支援がなければ、リバウンドが持続するという事を私達は疑っているのです」と彼は語った。

既にマネーの伸びが衰えつつある兆候がある。 マネー・サプライの重要な指標 -- 6ヶ月間の実M1 -- が夏の終わりに急激に減速し、前回の「ハード・ランディング」の恐怖を引き起こした水準に近くなっていると、ヘンダーソン・グローバル・インベスターズのサイモン・ワードが語った。 同尺度は、概ね6ヶ月早く経済に対する早期警報を提供する。 「中国の9月のマネーの数値は、経済が勢いを取り戻しつつあるという希望に対する疑問を投げ掛けているのです」と彼は語った。

Telegraph_20131015_03.jpg

特に日本に対する輸出競争力の更なる損失を防ぐべく、中国の中央銀行は為替相場を押し下げる為の極端な措置を取っている。 人民元の上昇を止めるべく、北京は「必死」の入札で先月に$700億の外国の債券を購入したと、キャピタル・エコノミクスが推定している。

未だ詳細は不明であるものの、大きな塊は殆ど確実に米国債であった。 米国債の信用度及び「非アメリカ化された世界」を推し進める事の必要性に関する北京のレトリックは、その大部分が自国向けのものであった事を購入の規模が示唆している。

第3四半期に中国の外貨準備は$1630億急増してほぼ$3.7兆に近い史上最高となった。 習近平主席と李克強首相の新チームが未だに既得権益からの抵抗を克服しておらず、依然として人為的な安い通貨によって促進される輸出主導の成長という古い重商主義の形式に頼っている事の証拠である。

改革派達は、政治局が次世代に関する彼等のビジョンを明らかにする党の第三回全体会議での大きな躍進を望んでいるのだ。



早朝に「ハード・ランディング」した身としては、自らを慰めるべく他者の転倒(崩壊)を見たいと思ってしまうのです。


次回に続く...



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

precursor

Author:precursor
憂いあれど備えなし!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。