FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的風景(初冬)

相変わらず「理由なき上昇」と評される程に世界中の株式市場の狂騒が続いているようです。 弱気派と目される人々も匙(さじ)を投げ始めた観があり、私の分析作業も停滞気味となっているのです。

その一方、着実に変化する季節の中で、それなりに忙しい日々が続いているのです。



約10年ぶりに本宅で年末年始を迎えるので、ホリデー・シーズンの飾りつけを行っていたのです。

Christmas_2013.jpg

お気に入りの居間に大きなクリスマス・ツリーを据え、2ヶ所の照明をシャンデリアに換えたのです。 上記の写真では判別できませんが、手前のシャンデリアの根元には大理石風のシーリング・センターも取り付けたので、とてもゴージャスな雰囲気となったのです。

Christmas_Tree_2013.jpg

2mを超えるツリーにはスカートを履かせ、巨大なクルミ割り人形に護衛させているのです。 写真右下の茶色の箱は19世紀に製作されたミュージック・ボックス(オルゴール)なのですが、英国の専門店で購入したので完璧にオーバーホールされており、現在でも素晴らしい音色を響かせてくれるのです。

Christmas_Exteria.jpg

飾り付けは宅内にとどまらず、エクステリアにも及ぶのです。 笹が密生した状態で長年放置されていた門脇の花壇を本格的に整備したのですが、近所の方々は10年ぶりに復活した我が家のイルミネーションも楽しんでくれているのです。



既にシャンパンの詰め合わせも購入したので、世界経済/金融市場の歪んだ構造が何時崩壊しようとも、居間でグラスを傾けつつ分析する準備が整ったのです。


関連情報:

私的風景(彼岸の庭)
私的風景(彼岸の窓)
私的風景(晩冬)
私的風景(初秋)
私的風景(初夏)


次回に続く...



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

見事なツリーですね

立派なツリーですね。
ピエリ守山のツリーの話題を見かけた後なので一層立派に感じます。
https://twitter.com/nyoko1998love/status/408205894707466240

我が家では中2の娘が今年初めてサンタを否定する一言を発し、
サンタ工作もめでたく(?)終了となりました。

Re: 見事なツリーですね

> 立派なツリーですね。

ピエリ守山の悲哀は、自由競争という名の下に繰り返される過当競争の犠牲かもしれませんね。

皆が従来と変わらぬ発想で同じ行為を繰り返すのは好ましくない事なのかもしれず、ひょっとすると初めてサンタを否定した娘さんの思考は、社会常識を備えていると自認する大人(年齢上の)達が失ってしまった無垢な感性の一部なのかもしれませんよ。(多分、そんなに意味深い事では無いのでしょうけど)

「否定されたサンタはサタンに変身して多くの艱難を与えるのだゾ」という具合に、現実社会の悲哀を伝え初めてみてはいかがでしょう。 人格形成の一助として、(逆説的に)素敵なクリスマス・プレゼントになるかもしれません。
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

precursor

Author:precursor
憂いあれど備えなし!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。